オトコの子育て講座

子をもつ父親が「子を育てる父親」になるための32のヒント

 

青木 匡光(あおき まさみつ)(著)

ジャンル 実用
内容 父親には、母親とはちがった「子育て」があるはずだ。
「子どもを育てる」ということに、男親としてどう関わるか。人間接着業で活躍する著者が、自らの経験をもとに32の具体的な子育てにおける質問への回答を述べるとともに、実践して頂きたいことを「TRY」の形で解説しています。
子育てを「幸せな事業」と捉えた時、「母親的な役割」と「父親的な役割」という2つの役割が子育てには欠かせません。その事を踏まえた上で、本書は世の中の男性諸氏に「男親の子育てとはいかにあるべきか」をまとめてあります。
価格(税込) 1,404円 体裁 B6判 並製 173頁
ISBN 978-4-905706-01-4 出版日 2006/5/23

目次

  • 前章 子育ては幸せな事業
    第1章 子育てにおける「父親」の役割
     -1 家族における父親とは
     -2 父親の役割、母親の役割
     -3 EQを子育てに生かす
     -4 「親の背中」で育てる
    第2章 オトコの子育て講座Q&TRY

著者紹介

青木 匡光 (あおき まさみつ)

ビジネス評論家。ヒューマンメディエーター(人間接着業)。1933年東京生まれ。小樽商科大学卒。三菱商事に10年間勤務したあと、広告会社に転職。1975年アソシエイツ・エイランを設立、異業種交流の場を提供。またサロン風のオフィスを「ヒューマンハーバー(人間の港)」として開放し、人間関係に悩む人たちに指針を与え、人生に意欲的な人同士を結びつけている。現在、人間交流・企画の相談、講演、著作などで活躍中。

読者メッセージ

威厳ある父親の姿を、現在のこの時代にいかに取り戻すかという姿勢が受け取れた。 (40歳代 男性)

人生の先輩からのアドバイスとして、実践できることはやっていきたいと思いました。 (30歳代 男性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

2007年2月16日付の公明新聞に特集されました。