木久蔵流 がんばらない子育て

生まれてきてくれてありがとう

 

林家 木久扇(はやしや きくおう)(著)
二代目 林家 木久蔵(はやしや きくぞう)(著)

ジャンル 芸術
内容 叱らず、かまわず、ほめて、のびのびと。子育てにがんばる親たちへの、ホッとするヒント満載
落語界史上初、親子W襲名記念本。「木久扇」が子育てについて語り、「二代目木久蔵」が、父と子の歳月を振り返る。子育てのヒント満載。
価格(税込) 1,404円 体裁 四六判 並製 200頁
ISBN 978-4-905706-16-8 出版日 2007/5/24
社団法人日本図書館協会の選定図書に選書されました。

目次

  • 第一章 よくぞ生まれてきてくれました!
     ─── 木久蔵流子育て論
    第二章 お父さんと一緒にいると、必ず面白いことがあった
     ─── 二代目木久蔵がふりかえる父と子の歳月
    第三章 父の責任、師匠の役割
    第四章 対談 〜爆笑親子の絆よ、いつまでも!

著者紹介

林家 木久扇 (はやしや きくおう)

昭和12年東京生まれ。昭和31年、漫画家・清水崑氏の門下生となる。
昭和35年、崑氏の紹介で三代目桂三木師匠の弟子となる。
昭和36年、桂三木助没後、八代目林家正蔵門下へなり、林家木久蔵を名乗る。
昭和40年、二ツ目昇進。昭和44年、日本テレビ『笑点』のレギュラーメンバーに。
昭和47年、林家木久蔵で真打ち昇進。
平成19年、林家木久蔵の名を長男きくおに譲る。

二代目 林家 木久蔵 (はやしや きくぞう)

昭和50年東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科演劇専攻卒業。
平成7年、父である林家木久蔵に入門。平成8年、前座で林家きくおとなる。
平成11年二ツ目昇進。平成19年、二代目林家木久蔵として真打ちに昇進。

読者メッセージ

私は木久蔵ファンであり、この本を読んで彼の持つ人間性、自然体、家族愛、今希薄になりつつある大切なものがしっかりと携わられていることを感じた。 (70歳代 女性)

TV笑点等で馬鹿になりきれるのは、若い頃からの苦労を明るく曲がらず受け止め、人を大切に思ってきたからでしょうねと思いました。二代目木久蔵さんも、お父さんに倣ってこの日本に笑いを心から振りまいて下さい。 (60歳代 女性)

木久扇さんが出雲大社を案内する番組で笑点のイメージと違う事、大らかで楽しい人だとわかりました。子育てに少し困っていたので読みました。 (40歳代 女性)

叱らず、構わず、褒めて、のびのびと育てる木久蔵流というのは、決して何もしないのではなく、常に子供を見つめ、共に育ちあう強い親としての理念をもった子育てでした。良い気持ちで読み終わりました。 (50歳代 女性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

「トラベルライフ」2008年1月号に紹介されました。
日本テレビ 「ラジかるッ」に木久蔵師匠ゲスト出演。その中にて書籍紹介されました。
2007年6月4日の日本テレビ 「ラジかるッ」と報知新聞で、サイン会取材及び書籍紹介に紹介&掲載されました。
2007年6月4日付の読売新聞(夕刊)に紹介されました。
2007年5月30日付の朝日新聞(夕刊)で襲名会見及び書籍紹介が掲載されました。
2007年5月27日の日本テレビ「笑点」大喜利紹介時に書籍紹介されました。
2007年5月24日付の毎日新聞(夕刊)の書籍紹介に掲載されました。