長旅時代

ロングツーリズムに実態と展望

 

安田 亘宏(やすだ のぶひろ)(監)
旅の販促研究所(たびのはんそくけんきゅうじょ)(著)

ジャンル ビジネス旅行
内容 旅行・観光業界人、必読。激動の旅行ビジネス。
「海外ロングステイ」「クルーズ」「海外熟年留学」など数週間から数ヶ月にわたる長期旅行が着実に浸透し始めている昨今。日本のロングツーリズムの実態と旅行者の動向、これからの展望を独自の調査とインタビューで解説。
価格(税込) 1,512円 体裁 A5判 並製 220頁
ISBN 978-4-905706-18-2 出版日 2007/6/25

目次

  • 第一章 What is「長旅」?
    第二章 「長旅時代」の幕開けだ!
    第三章 さまざまな「海外長旅」
    第四章 「海外長旅」の実態と意向
    第五章 さまざまな「国内長旅」
    第六章 「国内長旅」の実態と意向
    第七章 「長旅」出現の社会的背景
    第八章 「長旅」へのさまざまな取り組み

監修者紹介

安田 亘宏 (やすだ のぶひろ)

1977年JTBに入社。旅行営業、添乗業務を経験後、本社、営業本部、グループ会社で販売促進・マーケティング・商品開発等の実務責任者を歴任。06年4月より(株)ジェイ・アイ・シー執行役員と旅の販促研究所所長に就任。日本観光研究学会、日本創造学会、日本旅行作家協会などの会員。著書に『旅の売りかた入門』、『旅行会社のクロスセル戦略』(ともにイカロス出版)がある。

著者紹介

旅の販促研究所 (たびのはんそくけんきゅうじょ)

2006年4月、JTBグループのシンクタンクとして、同グループの総合広告会社(株)ジェイ・アイ・シー内に設立された研究所。「旅行者研究」をメインテーマに多様化、個性化された日本人旅行者の行動と心理を独自の調査手法により分析し、旅行業界にこだわりのある新しい企画提案をしている。

読者メッセージ

自分自身長旅はして見たいと思っているが、やはり定年後の楽しみと考えている。業界の長旅関連のビジネスが取り上げられており、業界研究本として楽しめた。 (40歳代 男性)

表題通り旅の長期化を題材に、ロングツーリズムの実態と展望を書き記してある。日本人の長期滞在を、国内外を通じて数値や検証を交え研究している旅行業界に従事する人にも必見の書とも言える。 (30歳代 女性)

ご意見・ご感想