犬旅元年

ペットツーリズムの実態と展望

 

安田 亘宏(やすだ のぶひろ) (著)
中村 忠司(なかむら ただし) (著)
吉口 克利(よしぐち かつとし) (著)

ジャンル ビジネス旅行
内容 旅行・観光業界人、必読本第3弾堂々完成。
いまや家族の一員となったペットとともに旅行を楽しみたいという欲求は年々強くなっている。「犬旅」に関する最新データから新しい旅行スタイルを徹底検証する画期的なマーケティングレポート。
価格(税込) 1,728円 体裁 A5判 並製 216頁
ISBN 978-4-905706-27-4 出版日 2008/4/4

目次

  • 第1章 「犬旅」とは何か
    第2章 日本のペット事情
    第3章 ペットビジネスの現状
    第4章 犬旅の対応と現状
    第5章 犬旅の実態
    第6章 犬旅の意向
    第7章 ペット同伴宿の実態
    第8章 海外犬旅の実態と意向
    第9章 犬旅のこれから

著者紹介

安田 亘宏 (やすだ のぶひろ)

1977年JTBに入社。旅行営業、添乗業務を経験後、本社、営業本部、グループ会社で販売促進・マーケティング・商品開発等の実務責任者を歴任。06年4月より(株)ジェイ・アイ・シー執行役員と旅の販促研究所所長に就任。

中村 忠司 (なかむら ただし)

1984年JICに入社。88年JTBに出向。CI導入・プランディングを担当。JIC復帰後、旅行・観光関係の企画・プロモーションを担当。06年4月より旅の販促研究所副所長に就任。

吉口 克利 (よしぐち かつとし)

1990年日本統計調査(株)に入社。マーケティングリサーチャー・調査ディレクターとして旅行・観光関連等多領域のリサーチ業務を担当。06年11月JICに入社し旅の販促研究所主任研究員に就任。

読者メッセージ

犬旅を読むことにより、ペット指導及び家族への絆がわかったように感じました。家庭内での犬に対する意識を考えさせられた。今後はペットと外泊してみたいと思う。いろいろな面で、この本は勉強になりました。 (50歳代 男性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

2008年8月5日付の日経WagaMagaに紹介されました。
2008年5月19日付の朝日新聞(夕刊)に紹介されました。