祭旅市場

イベントツーリズムの実態と展望

 

安田 亘宏(やすだ のぶひろ) (著)
中村 忠司(なかむら ただし) (著)
上野 拓(うえの ひろし) (著)

ジャンル ビジネス旅行
内容 旅行・観光業界人、待望の必読本第4弾刊行。
日本では祭りやイベントが全国各地で行われている。祭・イベントは地域の観光資源となり、まちを活性化させる力がある。「祭旅」に関する最新のデータを基に、地域再生の切り札となる新しい旅の在り方を提案する。
価格(税込) 1,728円 体裁 A5判 並製 237頁
ISBN 978-4-905706-30-4 出版日 2008/10/07

目次

  • 第1章 「祭・イベント」と「旅」
    第2章 「祭旅」とは何か?
    第3章 「祭旅」の実態
    第4章 「祭旅」の意向と分類
    第5章 祭旅パワーのある祭・イベント
    第6章 祭旅ポテンシャルのある祭・イベント
    第7章 祭旅にしたい祭・イベント
    第8章 「祭旅」の取り組みと効果

著者紹介

安田 亘宏 (やすだ のぶひろ)

1977年JTBに入社。旅行営業、添乗業務を経験後、本社、営業本部、グループ会社で販売促進・マーケティング・商品開発等の実務責任者を歴任。06年4月より?ジェイ・アイ・シー執行役員と旅の販促研究所所長に就任。

中村 忠司 (なかむら ただし)

1984年JICに入社。88年JTBに出向。CI導入・プランディングを担当。JIC復帰後、旅行・観光関係の企画・プロモーションを担当。06年4月より旅の販促研究所副所長に就任。

上野 拓 (うえの ひろし)

1983年JTBに入社。旅行営業、添乗業務を経験後、海外支店、本社、グループ会社で販売促進・広告宣伝・広報等を担当。その間、(特)国際観光振興会へ出向。

旅の販促研究所 (たびのはんそくけんきゅうじょ)

2006年4月、JTBグループのシンクタンクとして、同グループの総合広告会社?ジェイ・アイ・シー(JIC)内に設立された研究所。「旅行者研究」をメインテーマに多様化、個性化された日本人旅行者の行動と心理を独自の調査手法により分析し、旅行業界・観光業界にこだわりのある新しい企画提案をしている。

読者メッセージ

国内の様々な祭りを紹介ている本は数多くあるが、その市場規模が分からなかったので、非常に役立ちました。 (30歳代 男性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

2008年11月26日付の日経ITproに紹介されました。