石原結實の絶対健康法

生活習慣から心と体のズレをなくせ

 

石原 結實 (いしはら ゆうみ) (著)

ジャンル 実用
内容 疲れない。きれい。病気にならない。石原医学のエッセンス。
高血圧、糖尿病、高脂血症、アレルギー、ガンなどの慢性疾患は生活習慣のヒズミやズレから生じていることが多い。どうしたら、ヒズミやズレを治すことができるのかを具体的に食事、運動、睡眠ごとに解説する。
価格(税込) 1,296円 体裁 四六判 並製 192頁
ISBN 978-4-905706-34-2 出版日 2009/1/25

目次

  • <STAGE1 疲れやすい人、元気のない人は心と体がズレている!>
     ズレは自分の力で治せる
     まず、あなたのズレ度をチェックしよう
     元気は心と体のズレ度を知ることからスタートする

    <STAGE2 心と体にズレを起こす生活習慣の解消法>
     「出す力」が弱い人は自分の排泄物をチェックしよう
     汚れた血液が体内を巡るとき
     血液の汚れや滞りが知らせる不調と症状     ほか

    <STAGE3 元気のない体と心にサヨナラする「石原式ズレをなくす簡単生活法>
     【ステップ1】「出す力」と「温める力」が身につく食べ方
      1日1回の空腹で健康になる
      効果抜群!朝食を抜くだけのプチ断食
      「にんじんジュース」と「生姜紅茶」で空腹感を克服しよう  ほか
     【ステップ2】「出して、温める」ための水分のとり方
      水分は水以外のものでとるようにしよう
      季節や体調に合わせて水分のとり方を変えよう
      体を温めるアルコールの効用       ほか
     【ステップ3】最低限必要な「筋肉の力」をつける法
      筋肉の力をつけて体質のズレを修正しよう
      まず鍛えるのは、腹筋、背筋、足の筋肉
      足の筋肉は歩いて鍛えるのが基本   ほか
     【ステップ4】「呼吸する力」で体のズレをきれいにする
      吐く息からも老廃物が出ている
      ため息はどんどんついたほうがいい
      声に力がない人は呼吸する力が弱い   ほか
     【ステップ5】疲れた体を回復させる睡眠法
      元気のない体のメンテナンスは就寝時間が決め手
      「温める力」があればよく眠れる
      腹巻で肝臓を温めて寝よう ほか
     【ステップ6】疲れた体がどんどん元気になる入浴法
      知らないと損する入浴の底力10ヵ条
      熱めの湯、ぬるい湯、どちらを選ぶ?
      半身浴と全身浴の効果的な入り方   ほか
     【ステップ7】ストレスを自己治癒力でコントロールしよう
      セルフヒーリングで免疫力をアップする

著者紹介

石原 結實  (いしはら ゆうみ)

1948年長崎県生まれ。長崎大学医学部卒業。医学博士。難病の食事療法で世界的に有名なスイスのベンナー病院や、長寿地域のコーカサス地方などで自然療法を研究し、漢方薬の知識と合わせて独自の食事療法を提唱している。イシハラクリニック院長、ヒポクラティック・サナトリウム所長。

読者メッセージ

健康上役立つ内容が多かった。 (80歳代 男性)

石原先生独特の言い回しで分かりやすく、すぐに実践出来そうでした。 (50歳代 男性)

ご意見・ご感想