今を生きていく力「六波羅蜜」

 

森 政弘 (もり まさひろ) (著)

ジャンル 宗教
内容 優しいまなざしで相手を見るだけでも布施になる
わが国のロボット工学の第一人者がロボットづくりを通じて出会った仏心を六つの考え方を基本にわかりやすく解説。生きていく力、生き抜いていくコツが自然に身に付く。迷った時に、苦しい時、座右の銘として置いておきたい必読書。
価格(税込) 1,620円 体裁 A5判 並製 144頁
ISBN 978-4-905706-35-9 出版日 2009/2/11

目次

  • はじめにかえて 六波羅蜜とは
     その一) 「布施」奉仕すること
     その二) 「持戒」自分をコントロールすること
     その三) 「忍耐」こころを波立たせないこと
     その四) 「精進」われを忘れるまで懸命に行なうこと
     その五) 「禅定」こころを完全に落ち着けること
     その六) 「智慧」眼を開くこと
    おわりに

著者紹介

森 政弘  (もり まさひろ)

1927年三重県生まれ。1959年、東京大学生産技術研究所助教授・工学博士になり、化学プラントの自動制御を専門とし、わが国で初めて人工心臓・腎臓の自動制御を手掛けた。著書は『発想工学のすすめ−やわらかい機械』(講談社)『生き物のデザイン』(日本経済新聞社)他多数。

読者メッセージ

仏教が何たるかが、よく分かりました。こういう視点での捉え方はとてもユニークであり、仏教の要点を深く学ばさせて頂きました。 (50歳代 男性)

大乗仏教の核心の1つが、わかりやすく説明されていた。 (30歳代 男性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

2009年3月15日付の大分合同新聞に紹介されました。