階級のない国の格差

誰も知らない中国労働事情

 

増田 英樹 (ますだ ひでき) (著)

ジャンル ビジネス
内容 中国の「国のかたち」の鍵を握るのは「労働秩序」の保持である!
階級のない中国では、制度上の労使関係は存在しない。しかし、市場経済を取り入れて以来、所得格差が一段と広がり、労働者によるストライキ、労働争議が各地で起こるようになった。経済界屈指の中国通の著者が、爆発的に増加している労働問題に日系企業はどのように対応していったら良いのかを説く、ビジネスエッセイ。
価格(税込) 1,728円 体裁 四六判 上製 256頁
ISBN 978-4-905706-40-3 出版日 2009/7/14
社団法人日本図書館協会の選定図書に選書されました。

目次

  • 第一章 激しい社会変化の市民生活への投影
    第二章 突然襲いかかるストライキの嵐
    第三章 労働契約法に当惑する日本企業
    第四章 「変」と「不変」を取り持つ文化的DNA

著者紹介

増田 英樹  (ますだ ひでき)

株式会社バリデックス代表取締役。元オムロン株式会社執行役員副社長。オムロン時代、長く国際担当を務め、中国事業の立ち上げ、育成に手腕を発揮。その経験を活かし、現在は、中国でのビジネス展開を税務、法務、労務という総合的な視点から企業を支援している。

読者メッセージ

中国の労働事情、とくに労働法制の部分がよく理解できました。 (80歳代 男性)

ご意見・ご感想

インフォメーション

「週刊 東洋経済」2009年9月12日号に書評が掲載されました。
2009年8月30日付の日本経済新聞に書評が掲載されました。