高校生留学のすすめ

これからの地球の歩き方

 

中嶋 亜純 (なかじま あずみ) (著)
中嶋 洋子 (なかじま ようこ) (著)

ジャンル 教育
内容 母と娘が綴る異文化交流体験記
高校生だからこそ味わうことができた同世代との熱すぎる体験、そして、留学先ファミリーとの大冒険−−。ホストマザーを体験したからこそ感じることができた新しい世界。およそ20年という時を経て、母と娘の生き方に刻み付けられた異文化交流の記憶−−。この本には、グローバル化した、これからの世界の歩き方のヒントがいきいきと綴られています。
価格(税込) 1,404円 体裁 A5判 並製 272頁
ISBN 978-4-905706-50-2 出版日 2010/5/4

目次

  • Part1 留学編
     人生の冒険に向かって
     言葉は世界をつなぐ
     私を成長させた異文化体験
     私の体験的高校生留学ガイド
     
    Part2 ホストファミリー編
     ホストマザーの喜びと苦労
     文化の違いも楽しみ
     理想と現実の間で

著者紹介

中嶋 亜純 (なかじま あずみ)

1971年生まれ。高校生で米国へ留学。ミズーリ州ブルースプリングス高等学校卒業。慶應義塾大学環境情報学部第一期卒業。(株)西武百貨店勤務を経て、豪シドニー(ビリーブルー・スクール・オブ・グラフィックアーツ)へ留学後、グラフィックデザイナーに転進。現在は(株)バロンドール取締役。

中嶋 洋子 (なかじま ようこ)

1937年東京に生まれる。60年、奈良女子大学理学部卒業。以来、38年間、東京都公立中学校の教職に就く。在職中に夫・中嶋嶺雄(元東京外語大学学長、現国際教養大学学長)のオーストラリア国立大学からの招聘に同行、四人の子どもと共にキャンベラに滞在。このときの体験を基に『住んでみたオーストラリア』(1984年・サイマル出版会)を上梓。退職後、東京外語大学留学生支援の会会長の任に当たり、現在に至る。

ご意見・ご感想