初任者教員の悩みに答える

先輩教員からの47のアドバイス

 

明石 要一 (あかし よういち) (編著)
保坂 亨 (ほさか とおる) (編著)

ジャンル 教育
内容 初任者教員が元気になれるガイドブック
実際に寄せられた初任者教員悩みが不安のケーススタディを詳細に且つ具体的にアドバイス。教育学者、教育委員会、現場教員、メンター等、専門家から現場職員までの幅広い層が回答するQ&Aを47項目収載。すぐに役立つ、初任者教員と初任者指導員のための実践ガイドです。
価格(税込) 1,944円 体裁 A5判 並製 144頁
ISBN 978-4-905706-59-5 出版日 2011/6/30

目次

  • 序文:初任者教員の目力の育成を目指して
    第1章:初任者教員をめぐる状況
    第2章:初任者教員へのアドバイス集
       1. 授業づくり編
       2. 学校生活編
       3. 学級づくり・生活指導編
       4. メンタルヘルス編
    第3章:初任者教員の成長

編著者紹介

明石 要一  (あかし よういち)

1948年生まれ。千葉大学教育学部教授。専門は教育社会学(青少年教育)。文部科学省の各委員を歴任、主に青少年文化の研究に取り組む。
著者に『子どもの規範意識を育てる』(明治図書)、『キャリア教育はなぜ必要か』(明治図書)、他多数。

保坂 亨 (ほさか とおる)

1956年生まれ。千葉大学教育学部附属教育実践総合センター教授。専門は教育相談。教員のメンタルヘルス、不登校・長期欠席、児童虐待などを研究。
著書に『日本の子ども虐待』(福村出版)、『いま、思春期を問い直す』(東京大学出版会)、『“学校を休む”児童生徒の欠席と教員の休職』(学事出版)他。

ご意見・ご感想

インフォメーション

2011年7月18日付の「教育新聞」に書評が掲載されました。