絶対幸せになれるたった10の条件

 

小川 仁志(おがわ ひとし)(著)

ジャンル 人文
内容 今こそ“ポジティブ哲学”!!
アラン、ラッセル、ヒルティの「三大幸福論」から、エピクロス派の快楽主義、タオの思想……。実は、哲学者はこれまで幸せについて多くを論じてきている。本書では、一見難しいとされる哲学者たち十人余りの幸福論をわかりやすく解説しながら、幸せになるために役立つ哲学的思考を紹介する。
価格(税込) 1,512円 体裁 四六判 並製 224頁
ISBN 978-4-905706-80-9 出版日 2013/11/22

目次

  • はじめに
    条件1 ポジティヴになる―アランの幸福論
    条件2 没頭する―ラッセルの幸福論
    条件3 信じる―ヒルティの幸福論
    条件4 楽観的になる―エピクロス派
    条件5 シンプルに考える―タオの思想
    条件6 ほどほどを心がける―アリストテレスの中庸
    条件7 気分転換する―パスカルの幸福論
    条件8 受け入れる―ショーペンハウアーの幸福論
    条件9 相対化する―プロタゴラスの相対主義
    条件10 社交的になる―公共哲学の視点
    補講―ポジティブ哲学の世界へようこそ
    おわりに

著者紹介

小川 仁志  (おがわ ひとし)

1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市大大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。 哲学者・徳山工業高等専門学校准教授。米プリンストン大学客員教授(2011年度)。
商社マン、フリーター、公務員を経た異色の哲学者。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学および政治哲学。
著書に『7日間で突然頭がよくなる本』(PHP研究所)、『すっきりわかる!超訳「哲学用語」事典』(PHP研究所)、『一瞬で100のアイデアがわき、一瞬で1000人の心がつかめる本』(幻冬舎)など多数。

ご意見・ご感想