戦後日本の知識人は時代にどう向き合ったか

丸山、竹内、吉本を中心に

 

小林 弘二(こばやし こうじ)(著)

ジャンル 人文
内容 戦後知識人たちの言動の軌跡を追う
敗戦、60年安保、天皇制、民主主義など、目まぐるしく変わる時代に、丸山眞男、
竹内好、吉本隆明など戦後日本の知識人は何を語ったのか。
戦後知識人たちの言動の軌跡をたどり、それぞれの歴史的役割とその限界を、
中国現代史専門家の眼から考察した意欲作。
価格(税込) 1,944円 体裁 四六判 並製 205頁
ISBN 978-4-905706-94-6 出版日 2015/6/28

目次

  • 序 章 戦後史ブームの積み残し

  • 第一章 丸山眞男と戦後民主主義
  •   一 与えられた民主主義
  •   二 天皇制無責任体系の究明
  •   三 民主主義論
  •   四 一九六八年問題

  • 第二章 竹内好と中国・アジア問題
  •   一 竹内の中国論の功罪
  •   二 竹内思考の問題点
  •   三 竹内好と雑誌『中国』
  •   四 戦後の知識人と中国・アジア問題

  • 第三章 吉本隆明と戦後日本の革命幻想
  •   一 革命幻想の鼓吹
  •   二 歴史認識の特異性
  •   三 情況追随と視座の固定
  •   四 吉本思想の分流とその現況

  • 終 章 「永久革命」としての戦後民主主義

著者紹介

小林 弘二  (こばやし こうじ)

1934年福岡県生まれ。1958年京都大学法学部卒業。1959-1993年アジア経済研究所(現、ジェトロ・アジア経済研究所)勤務。1965年4月-1967年3月アジア経済研究所の海外派遣員として香港に滞在。1977年4月-1979年3月、スタンフォード大学のvisiting scholar。1993-2003年、関西大学法学部教授。
主な著書として、『グローバル化時代の中国現代史 1917-2005―米・ソとの協調と対決の軌跡』(筑摩書房、2013年)、『中国革命と都市と解放―新中国初期の政治過程』(有斐閣、1974年)、『満州移民の村―信州泰阜村の昭和史』(筑摩書房、1977年)、『対話と断絶―アメリカ知識人と現代アジア』(筑摩書房、1981年)、『二〇世紀の農民革命と共産主義運動―中国における農業集団化政策の生成と瓦解』(勁草書房、1997年)、『現代中国の歴史1949〜1985―毛沢東時代からケ小平時代へ』(共著、有斐閣、1986年)など多数。

ご意見・ご感想

インフォメーション

日本図書館協会の選定図書(第2959回)に選ばれました。