悪という希望

「生そのもの」のための政治社会学

 

宮台 真司(みやだい しんじ)(監)
現代位相研究所(げんだいいそうけんきゅうじょ)(編)
堀内 進之介(ほりうち しんのすけ)(著)
神代 健彦(くましろ たけひこ)(著)
山本 宏樹(やまもと ひろき)(著)
宮 正貴(たかみや まさき)(著)
鈴木 弘輝(すずき ひろき)(著)
保田 幸子(やすだ さちこ)(著)
濱沖 敢太郎(はまおき かんたろう)(著)
石山 将仁(いしやま まさひと)(著)

ジャンル 社会
内容 〈悪〉とは何か――。
人々を脅かす避けるべき〈悪〉、その一方で人々を魅了する〈悪〉。
我々が甘受すべき、「よりマシな〈悪〉」とは何か。
教育、社会、宗教、政治などを主題に、〈悪〉について考察する。
価格(税込) 2,160円 体裁 四六判 並製 429頁
ISBN 978-4-905706-98-4 出版日 2016/01/27

目次

  • 「たとえ極めてスキャンダラスな宣言と思われようとも、我々がこの小著において試みようとすることの第一は、〈悪を擁護すること〉、これである。悪は、人々を脅かし、嫌悪の情を湧きあがらせる。しかしまた別の一面の真実として、それは、しばしば人々を魅了する。悪の経験は、実に不確実性の経験である。しかし/そしてその不確実性は、人々を脅かすものであると同時に、ときに人間の自由の表徴であり、積極的なものであり、ちからであり、豊かさであり、変革の可能性でもあって、そうであるからこそ我々は、極めて注意深くではあるが、それでもそれをなにがしか希望でもあり得るものとして、擁護したい」(序論――悪の擁護、あるいは民主主義についてのノート/神代健彦)より

    〈目次〉
    序 論 悪の擁護、あるいは民主主義についてのノート / 神代健彦

    第I部 抗いと甘受の閾
    第一章 悪とは何か―デューイの倫理学から考える / 宮正貴
    第二章 災害の分配的正義論―リスクと責任 / 保田幸子
    第三章 ジョセフ・ラズにおける二つの正統性 / 石山将仁
    第四章 道具的理性批判の現在―啓蒙のプロジェクトの今日的課題について / 堀内進之介

    第II部 共生の身悶え
    第五章 政治科学の進化論的転回―保革闘争の遺伝子文化共進化について / 山本宏樹
    第六章 宗教という「排除できない悪」 / 鈴木弘輝
    第七章 教育と責任 / 濱沖敢太郎
    第八章 悪を歓待する―民主主義的な集団の(不)可能性について / 神代健彦

    解 題―「感情の劣化」への抗いを全体主義のリスクを回避して進める手だてはあるか? /
    宮台真司

監修者紹介

宮台 真司  (みやだい しんじ)

一九五九年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。著書に、『権力の予期理論』(勁草書房)、『制服少女たちの選択』(講談社)、『まぼろしの郊外』(朝日新聞社)、『透明な存在の不透明な悪意』(春秋社)、『終わりなき日常を生きろ』(筑摩書房)、『絶望から出発しよう』(ウェイツ)、『日本の難点』(幻冬舎新書)ほか多数。

編集者紹介

現代位相研究所  (げんだいいそうけんきゅうじょ)

現代社会の多元的な位相を捕捉し、解明し、それを研究成果として世に送り出したいという熱望を結集させて、現代社会の諸困難に立ち向かうべく設立された研究所。学術的な知見を社会インフラの確立に役立てるため、リサーチに基づいたコンサルティングやマネージングを提供するなど、幅広い分野において活動を行っている。

ご意見・ご感想