公共性主義とは何か

〈である〉哲学から〈する〉哲学へ

 

小川 仁志(おがわ ひとし)(著)

ジャンル 人文
内容 公共性から公共性主義へ
従来の公共哲学=学問とするならば、公共性主義=実践であるという。哲学の危機、公共性の危機、この二つの危機の時代を、「公共性主義」という新たな思想によって克服しようという意欲作!
価格(税込) 1,944円 体裁 四六判 並製 224頁
ISBN 978-4-86624-023-7 出版日 2019/6/27

目次

  • 第1章 公共哲学とは何か?
  • 第2章 公共性をめぐる議論の変遷
  • 第3章 行動を引き起こすためのエートス
  • 第4章 行動を正当化する五つのステップ
  • 第5章 公共性主義の具体的行動のカタチ
  • 第6章 公共性主義の場、あるいは主体としての公共空間
  • 第7章 新たな課題

著者紹介

小川 仁志  (おがわ ひとし)

1970年、京都府生まれ。山口大学国際総合科学部教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員などを経て現職。専門は公共哲学。 主な著書に、『脱永続敗戦論―民主主義を知らない国の未来』(朝日新聞出版)、『アメリカを動かす思想―プラグマティズム入門』(講談社)、『アダム・スミス 人間の本質―『道徳感情論』に学ぶよりよい生き方』(ダイヤモンド社)など、訳書にスティーヴン・マシード『リベラルな徳―公共哲学としてのリベラリズムへ』(風行社)などがある。

ご意見・ご感想